Top > 巻き爪の治療

巻き爪の治療

巻き爪の自然治癒は難しく、治らないまま放置しておくと、爪が皮膚に食い込んで(陥入爪)大変な激痛をもたらす結果になることもあるので、できるだけ早期の治療が望ましいでしょう。

巻き爪の治療法にはいくつかありますが、大きく分けると「手術」と「矯正」の2つに分けられます。しかし、巻き爪の手術はほかの病気の例に漏れず、最終的な手段と言えるものですから、巻き爪の治療としては、矯正のほうが好まれる傾向があります。

巻き爪の治療を受けると、治療法によって治るまでの期間に差はあるものの、たしかに症状はおさまります。特に痛みに関しては早いうちになくなります。しかし、その後の生活習慣などによっては巻き爪が再発してしまうことがあるので、本当の勝負は治療後といったところでしょう。

 

 妊娠の初期症状  不妊検査と治療  高齢出産
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
巻き爪の治療(2009年9月16日)
巻き爪の治療と医者探し(2009年9月16日)
巻き爪のワイヤー矯正(2009年9月16日)
巻き爪のプレート矯正(2009年9月16日)
巻き爪と病院選び(2009年9月16日)