Top > 巻き爪の治療と医者探し

巻き爪の治療と医者探し


巻き爪、陥入爪にも使いやすい斜め刃【大野産業】介護用つめ切り(斜刃)

 

巻き爪の治療は、軽度の場合は自分でできることがいくつかありますが、「明らかに爪の形が異常」「爪が皮膚に食い込んで慢性的に痛みが生じている」といった場合は、早めに医師による治療を受けることが大切です。

巻き爪の治療は一般外科、形成外科、整形外科、もしくは皮膚科で行いますが、これは病院によって違います。また、科によっても巻き爪の治療法は随分違ってきます。爪を切るだけのところ、矯正を施すところ、手術をするところ――医者を全面的に信頼するというのならどこでもいいでしょうが、ある程度予備知識があって、「こういう治療法がいい」という明確な希望がある場合は、事前にどの医者がいいか調べておくといいでしょう。できれば巻き爪を積極的に診療している医院で治療を受けたほうがいいですね。

 

 離婚の手続きと慰謝料  熟年離婚  妊娠の初期症状
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
巻き爪の治療(2009年9月16日)
巻き爪の治療と医者探し(2009年9月16日)
巻き爪のワイヤー矯正(2009年9月16日)
巻き爪のプレート矯正(2009年9月16日)
巻き爪と病院選び(2009年9月16日)