Top > 巻き爪のワイヤー矯正

巻き爪のワイヤー矯正


堅い爪・巻き爪でもスパッと切ってみせます。一発でサクッと切れる人気の爪切り。【介護用品】...

 

巻き爪は多くの場合、矯正によって治すことができます。
巻き爪の矯正の方法は大きく分けて2種類。「ワイヤー矯正」と「プレート矯正」となります。ここではワイヤー矯正について見ていきましょう。

巻き爪のワイヤー矯正は、爪にワイヤーを取り付けることによって矯正する方法です。ワイヤーを取り付けるのは、通常なら爪切りで切ってしまう部分。よってワイヤー矯正では、ある程度爪の長さが必要になります。

ワイヤーは形状記憶合金製のもので、巻き爪の症状に応じて違う固さのものを用います。針を用いて爪の左右に穴を開け、ワイヤーを取り付けます。この間わずか数分。ワイヤーは1~2カ月ごとに交換します。

巻き爪のワイヤー矯正では、穴を開けるのは爪だけですから、基本的に痛みはありませんが、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている場合は麻酔をかけて施術します。

ワイヤー矯正では、痛みのある場合でも、早ければ取り付け直後、遅くとも数日中には痛みが治まります。運動や入浴などの制限もなく、ほとんどの巻き爪を治すことができます。ただし治癒までには通常数カ月を要し、多くの場合健康保険が使えないのが難点です。

 

 車の買取・査定  結婚式のスピーチの仕方  ライフプラン
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
巻き爪の治療(2009年9月16日)
巻き爪の治療と医者探し(2009年9月16日)
巻き爪のワイヤー矯正(2009年9月16日)
巻き爪のプレート矯正(2009年9月16日)
巻き爪と病院選び(2009年9月16日)