-巻き爪の治療と矯正

2009年9月アーカイブ

巻き爪の治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

巻き爪の自然治癒は難しく、治らないまま放置しておくと、爪が皮膚に食い込んで(陥入爪)大変な激痛をもたらす結果になることもあるので、できるだけ早期の治療が望ましいでしょう。

巻き爪の治療法にはいくつかありますが、大きく分けると「手術」と「矯正」の2つに分けられます。しかし、巻き爪の手術はほかの病気の例に漏れず、最終的な手段と言えるものですから、巻き爪の治療としては、矯正のほうが好まれる傾向があります。

巻き爪の治療を受けると、治療法によって治るまでの期間に差はあるものの、たしかに症状はおさまります。特に痛みに関しては早いうちになくなります。しかし、その後の生活習慣などによっては巻き爪が再発してしまうことがあるので、本当の勝負は治療後といったところでしょう。

 

 妊娠の初期症状  不妊検査と治療  高齢出産

巻き爪、陥入爪にも使いやすい斜め刃【大野産業】介護用つめ切り(斜刃)

 

巻き爪の治療は、軽度の場合は自分でできることがいくつかありますが、「明らかに爪の形が異常」「爪が皮膚に食い込んで慢性的に痛みが生じている」といった場合は、早めに医師による治療を受けることが大切です。

巻き爪の治療は一般外科、形成外科、整形外科、もしくは皮膚科で行いますが、これは病院によって違います。また、科によっても巻き爪の治療法は随分違ってきます。爪を切るだけのところ、矯正を施すところ、手術をするところ――医者を全面的に信頼するというのならどこでもいいでしょうが、ある程度予備知識があって、「こういう治療法がいい」という明確な希望がある場合は、事前にどの医者がいいか調べておくといいでしょう。できれば巻き爪を積極的に診療している医院で治療を受けたほうがいいですね。

 

 離婚の手続きと慰謝料  熟年離婚  妊娠の初期症状

堅い爪・巻き爪でもスパッと切ってみせます。一発でサクッと切れる人気の爪切り。【介護用品】...

 

巻き爪は多くの場合、矯正によって治すことができます。
巻き爪の矯正の方法は大きく分けて2種類。「ワイヤー矯正」と「プレート矯正」となります。ここではワイヤー矯正について見ていきましょう。

巻き爪のワイヤー矯正は、爪にワイヤーを取り付けることによって矯正する方法です。ワイヤーを取り付けるのは、通常なら爪切りで切ってしまう部分。よってワイヤー矯正では、ある程度爪の長さが必要になります。

ワイヤーは形状記憶合金製のもので、巻き爪の症状に応じて違う固さのものを用います。針を用いて爪の左右に穴を開け、ワイヤーを取り付けます。この間わずか数分。ワイヤーは1~2カ月ごとに交換します。

巻き爪のワイヤー矯正では、穴を開けるのは爪だけですから、基本的に痛みはありませんが、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている場合は麻酔をかけて施術します。

ワイヤー矯正では、痛みのある場合でも、早ければ取り付け直後、遅くとも数日中には痛みが治まります。運動や入浴などの制限もなく、ほとんどの巻き爪を治すことができます。ただし治癒までには通常数カ月を要し、多くの場合健康保険が使えないのが難点です。

 

 車の買取・査定  結婚式のスピーチの仕方  ライフプラン

巻き爪用ニッパー爪きり 1コ入★税込3150円以上で送料無料★

 

巻き爪の矯正法としてワイヤー矯正とともによく用いられるのがプレート矯正です。

巻き爪のプレート矯正は、爪にプレートを取り付けることによって行います。ほとんどの巻き爪はワイヤー矯正で矯正できますが、陥入爪のような特に症状がひどいケースやワイヤーの穴を開ける場所がない巻き爪などはプレート矯正となります。

プレート矯正では、特殊なプラスチック素材でできた復元力のあるプレートを、医療用の接着剤によって爪に貼り付けます。その後は毎日、一日に2~3回ほど、ドライヤーなどによって熱を加えてプレートを延ばします。

プレートの矯正力は、ワイヤーよりも弱いものですが、プレートが半透明なため、ワイヤーと比べると目立ちません。そしてある程度巻き爪の症状が緩和され、爪も伸びてきたら、ワイヤー矯正に移行することも可能です。

 

 先物 白銀(プラチナ)  ピアノの買取・査定  バイクの買取・査定

スワダ爪切り・巻き爪も切れます。スワダ爪切りソフトS

 

巻き爪は初期の軽いものなら、爪の切り方や歩き方などに気をつけることで治すことができますが、病院に行くほうが早く治ります。もちろん明らかな爪の変形があったり、爪が皮膚に食い込んで痛みがある場合は、早急に病院に行きましょう。

巻き爪の診療を担当している科は病院によって異なりますが、通常は一般外科、形成外科、美容外科、皮膚科です。ただし多くの病院では、巻き爪は単に爪を切るだけだったり、重症の場合は爪を抜く手術をしたりといった傾向があるようです。しかし巻き爪の治療としては、手術よりも矯正のほうが、時間はかかるものの、痛みがない上に治癒が確実。よって、巻き爪の際の病院選びでは、できることなら症状によって矯正か手術かの選択肢がある病院を選ぶといいでしょう。

巻き爪の矯正は、日本ではまだ始まったばかりですが、矯正を行っている病院は年々増えてきていますので、探すのはさほど困難ではないでしょう。

 

 マネーパートナーズ  本当はスゴイ!コーヒーの効能
カテゴリー
更新履歴
巻き爪の治療(2009年9月16日)
巻き爪の治療と医者探し(2009年9月16日)
巻き爪のワイヤー矯正(2009年9月16日)
巻き爪のプレート矯正(2009年9月16日)
巻き爪と病院選び(2009年9月16日)
カテゴリー
更新履歴
巻き爪の治療(2009年9月16日)
巻き爪の治療と医者探し(2009年9月16日)
巻き爪のワイヤー矯正(2009年9月16日)
巻き爪のプレート矯正(2009年9月16日)
巻き爪と病院選び(2009年9月16日)